• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のaga治療の特徴と薄毛の違いについて

東京の中にあるaga治療を専門的に行っているクリニックは、AGAに特化した治療だけでなく、他の薄毛の治療を行うのが特徴です。 AGAの場合は、遺伝子による影響を受けて、体内の男性ホルモンの一種でもあるテストステロンと体内酵素の一つ5α-還元酵素が結合、テストステロンが脱毛を促す指令を送るホルモンに変換される事で起きるなどの特徴があります。毛髪が薄くなる部分は頭頂部や前頭部で、後頭部は薄くならないようになっています。 AGAは男性型脱毛症と呼ばれているもので、男性に多く見られる脱毛症です。しかし、女性には女性男性型脱毛症と呼ぶFAGAがあります。 女性の場合は女性ホルモンの分泌が多いため、男性とは違いすべての毛髪が抜け落ちる事はありませんが、薄くなる事で生じるストレスがある事からも、早めの治療がお勧めです。

薄毛の種類に応じて治療法に違いがあります

aga治療を行う東京のクリニックは男性型脱毛症と女性男性型脱毛症、円形脱毛症など色々な症状を持つ患者さんの治療を行っています。AGAは男性特有、FAGAは男性型脱毛症の女性版の脱毛症などと言われています。 脱毛症が生じる原因は様々で、AGAやFAGAは遺伝子の影響が大きいと言われており、遺伝子の影響を抑制させる事が治療に繋がります。 AGAの特効薬は男性には効果がありますが、女性のFAGAには効果がない、妊娠している女性が服用した場合胎児への副作用が生じるなどの理由からも、同じ医薬品を使えません。 また、特効薬はAGA以外の薄毛には効果がないので、毛髪が薄くなっても同じ医薬品を使えるわけではないため、治療については、専門のクリニックで脱毛症の症状を診断して貰う事が重要です。

治療法は日本皮膚科学会が定めているガイドラインがお勧めです

薄毛の症状に応じて治療法に違いがある事からも、aga治療を専門に行うクリニックは男性型脱毛症や円形脱毛症などの症状別の治療法で発毛治療および育毛治療を行ってくれます。 尚、治療法については日本皮膚科学会が定めている男性型脱毛症ガイドラインをチェックしておくのがお勧めです。ガイドラインの中では推奨される治療法が公開しており、東京などの専門病院ではガイドラインに合う治療を行っています。 但し、男性型脱毛症の治療は患者さん本人の努力も重要なポイントになります。例えば、毎晩お酒を飲み、夜遅い時間帯まで起きているなどの生活習慣は発毛や育毛に対して悪い効果を与えてしまいます。 さらに、血流を高めて栄養を毛母細胞組織に送り込む育毛剤も、食生活を正しくして初めて作用効果が高まるなど、生活習慣の改善や食生活の見直しが治療に重要です。