• このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のaga治療とAGAの遺伝要因について

男性型脱毛症の事をAGAと言います。AGAは若い男性に多く見られる薄毛で、薄毛に悩む20~30代の男性の多くがAGAの症状などと言われています。
AGAは薄毛の中でも進行性を持つのが特徴で、そのまま放置してしまうと前頭部の毛髪や頭頂部の毛髪がなくなる、M字型薄毛やO字型薄毛を進行させてしまう恐れもあります。
毛根の細胞組織が活性化出来る段階であれば、失った毛髪を蘇らせる事も可能です。そのまま放置してしまい、細胞組織が死滅してしまえば、カツラなどの方法以外で毛髪を作り出す事が出来ないなどとも言われています。
東京都内にはaga治療を行う病院は多くありますが、治療が可能な病院の中には医薬品の処方のみを行うクリニックもあります。
AGAは遺伝性の薄毛などからもきちんと検査を行ってくれる病院を選ぶ事が大切です。

AGAの薄毛が生じるメカニズムについて

AGAは脱毛を促進する強制脱毛ホルモンが原因です。しかし、強制脱毛ホルモンは、元々はテストステロンと呼ぶ男性ホルモンの一種で、テストステロン自体には脱毛を促進させる作用はありません。
ただ、体内酵素の5α-還元酵素がテストステロンと結合した時、テストステロンは強制脱毛ホルモンに変化してしまいます。強制脱毛ホルモンは毛髪の毛周期を乱す性質があります。
中でも成長過程のサイクルを短くしてしまう性質を持っており、通常3年前後の成長サイクルを数か月ほどに短縮させてしまう作用が働きます。毛髪が生えて来てもすぐに脱毛してしまうので、薄くなった部分がさらに広がる事になるのがAGAの最大の特徴です。
東京のaga治療を行う専門クリニックは遺伝子検査や血液検査を実施、AGAの治療方針を定めてくれます。

治療法には医薬品を使う方法やHARG療法などがあります

AGAの治療は遺伝子検査を行う事で治療方針を定める事が出来る薄毛です。
東京のaga治療を専門に行っているクリニックでは、患者さんの現時点での頭皮の状態を確認する、血液検査を行い処方する医薬品の作用を確認するなど、治療を行う前の検査を入念に行ってくれます。
また、治療法には医薬品を処方して強制脱毛ホルモンを抑制させ、血流を高めるための育毛剤を使って行う方法や発毛促進や育毛効果を得る事が出来る薬剤を頭皮に注入するHARG療法、後頭部の細胞組織を薄くなった部分に移植する自毛植毛など、自分に合った治療法を選んで発毛や育毛効果を期待出来るようになります。
ちなみに、AGAは男性の薄毛ですが、女性にもFAGAと呼ぶ薄毛があります。HARG療法は男性だけでなく、女性のFAGAにも効果を持つと言われています。

育毛サロンと違い、医師による投薬と心理的なアプローチで治療していくクリニックです。 産毛が残った状態のAGAなら改善する可能性があります! 早めのケアがAGAには大切! ザガーロは2015年に承認された、新しい薄毛の治療薬です。 池袋AGAクリニックは、複数の薬を組み合わせた治療で発毛を促します。 発毛治療に使われる薬剤ミノキシジルは、脱毛症に効果的! aga治療を東京で行うなら「池袋AGAクリニック」